本のイメージ
動物の本質
カール・ケーニッヒ(著) 塚田 幸三(訳) ホメオパシー出版
 \2000
立読みする      全208ページ中立ち読み20ページ
■返品について
 
商品の説明
シュタイナー哲学にもとづき、動物進化の歴史に鋭く迫るカール・ケーニッヒ博士の著書。待望の邦訳です!
発生学者であり医師でもあったケーニッヒ博士はシュタイナー哲学にもとづく新たな進化論理解をもたらしました。
『進化は自然淘汰のみで説明できる』とするネオ・ダーウィニズム優勢の時代に、動物たちを人類の兄弟的な存在とし、それぞれ固有の価値と尊厳を持つ存在として扱ったカール・ケーニッヒ博士。動物に対する深い理解と思いやりをもって語られる講義録です。
 
ページ数 208ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2006年5月
サイズ 148×210×13mm