本のイメージ
ホメオパシー 癌のレパートリー 新装版
ロジーナ・ゾンネンシュミット(著) 熊坂 春樹(訳) 
 \5600
立読みする      全184ページ中立ち読み0ページ
■返品について
 
商品の説明
ホメオパシーを実践している方、学んでいる方に、ぜひ参考にしていただきたい1冊です。本書では、あらゆる重要な腫瘍の種類と、そのマヤズム的、体質的、臓器親和性の確かなレメディーが、過去200年のホメオパシーの癌専門家たちの言葉を考慮に入れて記載されています。
まさに本書は、ホメオパシーによる癌へのアプローチを集大成したものであり、ホメオパシー医学の大きな成果です。

<目次構成>
A 癌における一般的なテーマ
 1. 一般的な現象 2.調整力の硬直
B 癌の種類−頭から足まで
C 癌治療の特別な観点

 「監修者まえがき」より
『…したがって現代医学におけるように、癌組織を単に細胞分裂の無限の連続による物理的結果としてとらえて、患部を切除するという手段がどれほど有効なのか、あるいは放射線を照射するだけで済むのか、たとえ抗癌剤で癌が消滅したとしても根本的に治癒したと言えるのか、私たちは考えなければなりません。今や、医師のなかからも「癌は切っても治らない」という声が上がっているほど、従来の医学による手法は限界を露呈しています。
  癌は、さまざまな心的葛藤や食や環境汚染、予防接種などによる医原病によって複合的にもたらされた血液の濁りの最終形態であるという立場にこそ、今注目すべきなのです。このこと自体は、私たちホメオパスにとっては、ことさらにいうまでもない当たり前のことです。したがって、ホメオパシー医学における癌治療とは、医原病治療、心的葛藤の解放や感情の解放、臓器サポート、マヤズム治療、さらに食や生活指導を一体化して行われるものです。これらの複合的なホメオパシー的アプローチなくして、癌の根本治療は有り得ないと考えています…』

<注意>
本書はホメオパス、ホメオパシー学習者向けの専門書です。セルフケアのためのガイドではありませんので、ご注意ください。
 
ページ数 184ページ
出版社
発売日 ホメオパシー出版
サイズ 148×210×15mm