本のイメージ
医師の迷宮
パラケルスス(著) 澤元 亙(訳) ホメオパシー出版
 \3800
立読みする      全224ページ中立ち読み26ページ
■返品について
 
商品の説明
由井寅子ホメオパシー博士を触発し、CHhom開校のきっかけとなった本。
函入りの豪華装丁です。
真の医学はパラケルススにおいて完成しており、類似の法則だけを取り上げてみても、ハーネマン、ラーデマッハー、バッチらが、パラケルススの完全な類似の法則からその断片を発掘し、それぞれの療法を確立したとも言えます。そんなパラケルスス学説のエッセンスを要約した形でまとめられている本書は、医師(ホメオパス)を目指す者にとってのバイブルと言えます。
 
ページ数 224ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2010年5月
サイズ 167×227×27mm