本のイメージ
ホメオパシー哲学講義
ジェームズ・タイラー・ケント(著) 澤元 亙(訳) ホメオパシー出版
 \4200
立読みする      全344ページ中立ち読み0ページ
■返品について
 
商品の説明
ケントによる『オルガノン』の講義本で、ケントをクラシカルホメオパシーの開祖ならしめた書です。
本書は、スピリチュアルな視点から、病める人とは何か、病気とは何か、を記述する哲学的な医学書の決定版です。ケントの登場によってホメオパシーは、スピリチュアルな方向へと舵を取ることになりました。その影響は、北米、南米、インド、ヨーロッパなど、ほぼ全世界に及びます。明解な訳文により、よりいっそうケントに近づきやすくなりました。訳者による解説は、日本におけるクラシカルホメオパシーのケント受容の誤りを正します。
 
ページ数 344ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2010年5月
サイズ 165×225×22mm