本のイメージ
ロジーナの臓器治療肝臓・胆嚢
ロジーナ・ゾンネンシュミット(著) 由井寅子(訳) ホメオパシー出版
 \3300
立読みする      全192ページ中立ち読み28ページ
■返品について
 
商品の説明
ホメオパシー、中医学、食事療法などホリスティック治療に造詣が深い著者による臓器治療シリーズ。本書では、肝臓の象徴的意味、気質、そして精神的な問題を取り上げ、肝臓の役割を中医学や錬金術の知恵から浮き彫りにしながら、エネルギーレベルでの肝臓と胆嚢の重要性を解き明かします。栄養学、脱酸と解毒、薬草治療、肝臓と胆嚢の浄化、ホメオパシー、そしてマヤズム的見解からの治療法を解説。あらゆる角度から肝臓と胆嚢へのアプローチを試みます。身体レベルの病気の大本は肝臓にあるといっても過言ではなく、肝臓の治療法をマスターすることは、治療家としての土台をつくることになるでしょう。
 
ページ数 192ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2012年4月
サイズ 148×210×16mm