本のイメージ
目に見えない病気.
パラケルスス(著) 澤元亙(訳) ホメオパシー出版
 \3800
立読みする      全248ページ中立ち読み28ページ
■返品について
 
商品の説明
『医師の迷宮』に続くパラケルスス第二弾!
精神疾患の原因とその治療法について書かれた古典的名著!
同時代の精神の病理に挑むパラケルスス。錬金術的医学という独自の視点から人間を ホリスティックにとらえる本書は、宗教心理学、精神医学の古典であるだけでなく、 21世紀の統合医療のあり方を考える上でもヒントとなるでしょう。とりわけ、多くの病気の根本原因は目に見えない間違った信念にあるとした洞察は圧巻。 一五三一年にこのような深い病気の核心が語られていることに驚かされます。函入りの豪華装丁。

斉藤啓一氏による書評はこちら
 
ページ数 248ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2012年9月
サイズ 167×227×28mm