本のイメージ
アルキドクセン
パラケルスス(著) 澤元亙(訳) 
 \2800
立読みする      全288ページ中立ち読み0ページ
■返品について
 
商品の説明
西洋錬金術の歴史において最も有名な、パラケルスス著『アルキドクセン』の邦訳です。大ヒットの『鋼の錬金術師』や『ハリー•ポッター』にも登場する「賢者の石」の名前を一度は聞いたことがある人も多いことでしょう。本書にはパラケルスス自身によって実際に使用された医薬、すなわち、秘薬(アルカナ)と呼ばれる第一物質•賢者の石•生命の水銀•チンキ剤、そして、さまざまな種類の第五精髄(クインタエッセンティア)•霊薬(エリクシール)•変成物(マグナリウム)•特効薬などの作り方が説かれており、錬金術による製薬術を語る上で描かすことのできない歴史的な書です。
 
ページ数 288ページ
出版社
発売日 2013年5月
サイズ 0×0×0mm