本のイメージ
ヘルバリウス
パラケルスス(著) 澤元亙(訳) ホメオパシー出版
 \2500
立読みする      全280ページ中立ち読み0ページ
■返品について
 
商品の説明
本書は、パラケルススの「マテリア・メディカ」とも言える本。彼の植物療法を知るうえで最も重要な三つのテキスト『ヘルバリウス(本草学)』の全体、『自然物について』の一部、『マケル薬草詩注解』の全体を収録。読者はこれらのテキストから彼がどんな薬草を用いたのか、薬草の何に注目したのかが、分かるはずである。さまざまな薬草とその効能、および使い方が具体的に書かれた、古典でありながら現代にも通用する内容となっている。
「本書は、パラケルススの「マテリア・メディカ」と言えるものです。「マテリア・メディカ」は、薬物療法を中心とする医療を実践する人にとって重要な本です・・・(中略)医薬に生命を認めるという考え方は、錬金術の世界観を待って初めて可能になります。その意味でも、錬金術と本草学は強く結びついた関係にあると言えるでしょう。本書に収録されたテキストは非常に実用的です。植物療法に関心のある読者にお役にたてることを、願ってやみません。」(由井寅子)
 
ページ数 280ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2015年3月
サイズ 0×0×0mm