インナーチャイルドと愛について
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[タイトル表示] [ツリー表示] [新着記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.77] 二冊の本がくれたもの 投稿者:asahi   投稿日:2009/03/12(Thu) 10:37:59

とらこ先生、おひさしぶりです。
もう、何年も前になりますが、ホメオパシーの取材をさせていただきました。

別れた父に「あなたのために、生きてるうちに会っておいで」と
言われた言葉を今でも覚えています。

今回、2冊の本を読んで感動しました。
と、同時に、自分の中のインナーチャイルドの問題にも、一つけりが
ついたかなあと思います。
本がまるで、大きなレメディのようで、よくもここまでというくらいに
涙がでました。
先生の体験が、いつしか自分の体験になり、そして、私もいくつか、
忘れているような過去を思い出しました。


でも、思い出して、泣き続け、終わった翌朝、何と太陽のまぶしかった
ことか。
そして、実家の1シーンを、キュンとなるほど懐かしい場所として
思い出したりもしました。ちょうど、失業中で仕事のない毎日でしたから、
じっくり向き合えたことが、本当に良かったです。
それから、何人かにこの本をすすめています。

私も誕生石であるエメラルドのレメディを買いました!


般若心経のラスト、あの訳がずっと心に残っています。

先生、これからも素晴らしい本をどんどん書いてください。
楽しみに待っております。


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー