インナーチャイルドと愛について
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[ホーム] [新規投稿] [タイトル表示] [ツリー表示] [新着記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 『インナーチャイルドが叫んでる!』『愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!』関連の掲示板です。
  • 「インナーチャイルド体験談」などのご投稿もお待ちしています。
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  •   [No.29] 読み終わっての感想は一言で言えば、今すぐにでも人を愛さなきゃ!です。 投稿者:T   投稿日:2009/01/31(Sat) 17:01:37  

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】
    人を愛すること、自分を愛すること、愛についてなど、知りたい情報が満載で、うなづきながら何度も読み返すところもあり、読み終わっての感想は一言で言えば、今すぐにでも人を愛さなきゃ!です。でもその前に、自分を愛してますか?という問いかけには100%愛してますとは言えない状況です。。。そんな状況でも、どうすればいいのか、ちゃんと道しるべも用意されており安心しました。
    愛される私になるためにも、インナーチャイルドを癒し、嫌いな人を受け入れ、真の自分をとり戻していきたいです。そして、自分が愛する=自分が幸せになる=みんなが幸せになる。早くそうなりたいと思いました。


      [No.28] とらこ先生の体験を読むことで、何度でもこういったインナーチャイルドと和解していこうという勇気がもらえました。 投稿者:O   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:57:59  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】
    スーヤV0M5やアルミナ・マーキュリーなどをとっている内に印象的な夢をみました。見ず知らずの男性に「ブサイクはだめだ。価値がない。印象に残らないだろう。この写真をみろ。たくさん写っているが覚えているのは美人だけだろう!」と女性がたくさん写っている集合写真を見せられて説教をされました。
    起きてからは、現実の自分にもそういう価値観があるように思い嫌な気分になりました。そういう気分のまま思い出したのは子供の頃、父から「こんな皮膚が汚い子が生まれる家系じゃない」といわれたことでした。20年以上前のことなのに大変リアルに思い出しました。悲しいやら悔しいやらドロドロしました。昔のことなのに、まだこんな気持ちがあったのかと驚きました。とらこ先生の体験を読むことで、何度でもこういったインナーチャイルドと和解していこうという勇気がもらえました。


      [No.27] 読み終わった後は、傷の痛みが消えていくようなやすらぎと、これからはもっと自分を大切に生きようという気持ちが訪れ、なんだか、もう大丈夫というような安心感を感じました。 投稿者:M   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:55:29  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】
    きっとこの本を読むたくさんの人々が、読みながらに自分の中のインナーチャイルドの声を聞き、日々の感情的、肉体的苦しみへの理解への旅が始まることと思います。それはとても苦しいことかもしれないけれど、きっとこの本がよい道しるべとなりいつのまにか過去を手放し もう苦しむことなく本来の自分らしさのまま生きることへとシフトし今あるがままの自分すべてを受け入れる喜びへと向かわせてくれるのではないでしょうか。
    私も本に出てくるひとつひとつの内容の中に自分をみつけ、とらこ先生の言葉に救われるような思いに何度となく涙がこぼれました。私の中にもまだまだ悲しいインナーチャイルドはいたようです。
    読み終わった後は、傷の痛みが消えていくようなやすらぎと、これからはもっと自分を大切に生きようという気持ちが訪れ、なんだか、もう大丈夫というような安心感を感じました。心からたくさんの方にこの本を読んでいただきたい、そう願っています。この本を『インナーチャイルドって何?』の世界にいる私の姉妹や友人たちにプレゼントします。感想が楽しみです。


      [No.26] ジェムレメディーのマテリアメディカがチャクラの解説と共に書かれていてとてもわかりやすく読めました。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:50:26  

    【インチャ!愛じゃ!】
    ジェムレメディーのマテリアメディカがチャクラの解説と共に書かれていてとてもわかりやすく読めました。人間関係を持たない人はいないだろう世の中で、誰でも一度は条件付きの人間関係を経験したことがあると思います。また愛を求めるために無理をしたり頑張ったり…。この本はそういう全ての人に『気付き』を与え、無条件の愛とは、あるがままの自分でいいと勇気付けてくれると思います。すべての人が目的を持って生まれて来て、いらない人間なんて一人もいないのに、心が疼くのはインナーチャイルドが叫んでいるから。誰かに喜んでもらいたくて、自分のことは二の次にしている人はたくさんいます、社会で働く人はそうやってがむしゃらに働いて地位を得たり…。自分をしあわせにできるのは自分だけ…、でも自分を愛しているのは自分だけではないと、インナーチャイルドが解放されたときに、気づけると思います。
    とらこ先生の子供のころの話は胸が締め付けられます。とらこ先生のお母様もそのときはとても大変で、そうするしかない現状があったんだろうな、と思います。私もまだとったことのないレメディーをいろいろとりたいと思います。


      [No.25] どうして怒ってしまうのか、どうして自信がないのか、自分に問いかけるという時間もなく、その原因が自分の中にあるとは思えていなかったので目から鱗でした。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:48:28  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】
    新刊を手にしてまずカバーのかわいい色、イラストに惹かれ早く読みたい!と思いました。女の子好みのかわいさでカバンに入れて持ち歩きたいと思えるカラーリングです。
    読み始めて数ページ、いきなり自分の心の中を見透かされたような言葉の連続で胸がいっぱいになり、半分くらいまでほとんど泣きながら読んでいました。
    年末に自分のインナーチャイルドに気づかされる出来事があり、今の自分に必要なことがたくさん書かれていて一気に最後まで読みました。
    どうして怒ってしまうのか、どうして自信がないのか、自分に問いかけるという時間もなく、その原因が自分の中にあるとは思えていなかったので目から鱗でした。
    怒りや悲しみなど感情を揺さぶられるのは、自分の中にインチャがあるからだとわかればどんな状況でも前向きに焦らず腐らずがんばれそうな気がします。

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】
    チャクラとジェムレメディーのお話は初めて知る内容でしたので大変興味深く読みました。ジェムレメディーでチャクラを開き、自分を愛して人を愛せる自分になるためのポイントがわかりやすく書かれていて、さっそく試したいものがいくつもありました。
    この本を読んで自分を愛し、人を愛し、自分を生きれる人が増えたら、平和な世界が実現すると思います。私の人生においてとっても大切な考え方、知識をいただきました。これから未来を生き抜いていきたいならこれは必読書だ!と思うので自分の周りの大事な人たちにもこの2冊セットをプレゼントしようと思います。


      [No.24] やはり著者が言われている通り、他人は自分を映す鏡であり、自分の心のもちようで世の中は本当に愛するべき世界に変容するということが実感として理解することができました。 投稿者:H   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:44:45  

    人が抱く感情の裏側が明確に書かれており、自分の心を見つめ直すのに、非常に役に立つ素晴らしい本だと思いました。また、人間関係に悩んでいる方にも、相手の心のありようを理解する上でとても参考になると思います。
    実際、この本を読んで、自分の中にあるたくさんのインナーチャイルドに気づくことができました。自分の中でネガティブな感情が芽生えたとき、その感情がどこから来るのかわからず自分を責めることが多かったのですが、それが自分のものでない価値観だということに気付きました。
    インナーチャイルドを癒す方法として日記をつけることを著者がすすめていらしたので、本を読んでから約一ヶ月間、日記を付けてきました。すると、何気ない日常生活の中で自分が抱く感情から、たくさんのインナーチャイルドが浮かび上がってきました。以前から、人に対して自分が思った感情を見つめることを続けてはいたのですが、文章にすることでより明確に自分の問題点が見えてきました。
    やはり著者が言われている通り、他人は自分を映す鏡であり、自分の心のもちようで世の中は本当に愛するべき世界に変容するということが実感として理解することができました。そして自分に気付かせてくれた相手に対し、以前にも増して感謝できるようになりました。
    日本ではホメオパシーはヒーリングと捉えられている傾向が強いですが、ホメオパシーほど人を心身ともに健康にする療法はないと思います。レメディーをとりだして、実際に自分の心が動かされたり、自分の考え方のくせに気付かされることが何度もありました。
    もし自分が中学生や高校生の時にホメオパシーを知ることができていたら、どんなに人生が変わっていただろうと思います。
    この本を是非多くの人に読んでいただき、そしてホメオパシーによってゆがみのない健やかな心と体を手に入れて頂きたいと思いました。


      [No.23] ホメオパシーを知ってから思うことは、もっと早く知っていれば!です。でも、今からでも遅くはないので、これからは人のせいにせず、原因は自分の中にあり、人を変えようとするのではなく、自分を変えなければいけないということを改めて心にとめ、実行していきたいと思います。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:40:30  

    この本は学ぶことがいっぱいあり、感動しながらすぐに読んでしまいました。
    実際に、私自身が10代のころとても元気で純粋ないい子だったクラスメイトが段々大人(教師たち)にたいし度を越したいたずらをしだし、寂しそうで悔しそうにしているのを見てきて、大人や周りの人間が本当はいい子をあんなふうに変わらせてしまって!!と思い、つい数ヶ月前までそんな風になってしまった若者の手助けができればと思ってきました。しかし、この本を読むことによって、怒ったり悲しくなったり動揺した時に、外や周りの環境のせいにせず、まず自分に問いかけて「何故」、と理由を考え分析していくことが必要だとわかりました。
    ホメオパシーを知ってから思うことは、もっと早く知っていれば!です。でも、今からでも遅くはないので、これからは人のせいにせず、原因は自分の中にあり、人を変えようとするのではなく、自分を変えなければいけないということを改めて心にとめ、実行していきたいと思います。
    そして、それをスムーズにできるよう手助けになるレメディーを思い当たるものをいろいろとって、トラウマや自分の気づかなかったインナーチャイルドを見つめなおし、そして癒されていくのを実感したいです。そして一つ一つクリアにしていき、人間として、魂として成長したいと思います。
    多くの人がインナーチャイルドを持っていて苦しんだり、苦しむまでいかないまでも何かしら影響があると思います。特に現代はそれが顕著に現れてきています。この本は老若男女に関わらず是非読んでいただきたいです。そしてホメオパシーが助けになるということを多くの方に知っていただき、実行して自分の真の人生を歩めるようになるといいと思います。


      [No.22] 自分のインナーチャイルドを呼び出してみましたが、特に何も感じませんでした。でも、そういうことではなく自分と対峙する事の必要性をこれらの本を読んで感じました。 投稿者:N   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:37:39  

    自分のインナーチャイルドを呼び出してみましたが、特に何も感じませんでした。でも、そういうことではなく自分と対峙する事の必要性をこれらの本を読んで感じました。
    これまでも自分の事を考え、感情を溜めないように心がけて生きて来ましたが、それでもホメオパシーを始めてから自分の感情に疎い事に気づいたので、もっともっと自分の心の動きに注意してみようと思いました。そのときに自分がどう感じているか気づかないという事は、感情にふたをしていることと余り違いがないかもしれないので、都度都度感情を出せるようにしたいです。


      [No.21] 今当然レメディーで解決しているだろうと思い込んでいた過去の傷をこの本は、まだ傷がいえていないじゃないか、と教えてくれました。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:34:12  

    【インチャ!愛じゃ!】

    ホメオパシーに出合ってかれこれ7年が過ぎ、最初の頃はOp.をとっては長年の恐怖から涙を流し、Staph.を取っては怒り・・・とレメディーに何度も助けられてきました。
    今当然レメディーで解決しているだろうと思い込んでいた過去の傷をこの本は、まだ傷がいえていないじゃないか、と教えてくれました。
    私の中のインナーチャイルドを揺さぶり、こんなに傷ついていたんだと認めざるをえなくなりました。お休みの日に読み、この本と共に感動し泣きました。そして、新たな気持ちで前に進もうと思いました。ホメオパシーも由井先生も愛にあふれているんですね。


      [No.20] つい最近、悩みを乗り越えるのに更に大きな悩み、というホメオパシー的体験をしました。最初の悩みがとても小さなものに思えました。そしてより大きな視点で物事が見られるようになっていました。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:31:56  

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】

    つい最近、悩みを乗り越えるのに更に大きな悩み、というホメオパシー的体験をしました。最初の悩みがとても小さなものに思えました。そしてより大きな視点で物事が見られるようになっていました。泣き面に蜂は、実はありがたいものなのですね。
    ネットやテレビの影響により私たちは知識や情報が飽和状態であり、頭の中で収拾がつかなくなっています。持ち物も思考も捨てていかなければいけない時期にきているのを実感していました。いみじくも、「ホメオパシーは引き算」という言葉が印象的でした。
    今現在、私も自我を小さくしようと試みています。目の前に現れる苦手な人、嫌な人は、みんな私の鏡。ありがたい存在です。
    ジェムのレメディーもとっていますが、あくまで気づくのは自分自身。レメディーは助けであって、レメディーだけをとっていればいいというものではないと私も思っています。
    悲しみも苦しみもそして喜びも、それらを作り出しているのは自分の心。
    曇りのない目で見られるよう、こだわり、執着を取り除いていきたいです。
    そしてより自分らしく。
    さらにできれば喉のチャクラを開いて自分を表現できたり、もっと上手に話しをしたり、思いが伝えられたらいいと思いました。
    自分を愛し、他人を愛し、そして100%「愛する」人を目指したいです。
    「私はもう愛を求めはいたしませぬ。私が愛したいのでございます」究極のセリフだと思います。心からこう言えるようになりたいです!


      [No.19] 2冊共、ホメオパシー的には本当にもっともな事が書かれていますが、このことを実践する事の難しさをひしひしと感じています。 投稿者:K   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:28:05  

    【インチャ!愛じゃ!】

    2冊共、ホメオパシー的には本当にもっともな事が書かれていますが、このことを実践する事の難しさをひしひしと感じています。自分が腹の立つことなど、引っかかる事が自分のインナーチャイルドの問題があり、与えてくれた人に感謝するべきなのですが、なかなか家庭や職場などで実践出来ていません。自分の問題なのですが、つい他人のせいにしがちです。
    ありがたいと思えるようになるには、もっともっとレメディーをとり気付きを早めたいです。


      [No.18] 私たちがこの世に生まれてきた存在意義の重要な物の1つとして“インナーチャイルドを克服する”ということを知りました。 投稿者:S   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:25:52  

    【インチャ!と愛じゃ!】
    私たちがこの世に生まれてきた存在意義の重要な物の1つとして“インナーチャイルドを克服する”ということを知りました。まず私自身がやらなければいけないことは、自分自身のこだわりのインナーチャイルドに気づかなければならないと言うことです。早速ここからはじめたいと思いました。
    また、『愛じゃ』の中の本当の愛とは、本当の意味での“愛されたいと言う欲求”を満たす一番の方法は「求める愛」ではなく「与える愛」であるという発見は今後の私のホメオパシー人生に大きな転機となる言葉でした。


      [No.17] 一般の方の沢山のケースも胸を打ちました。人というものの存在を、改めて愛おしく感じることのできた書籍でした。 投稿者:M   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:24:28  

    【インチャ!と愛じゃ!】
    2冊あわせて1つがいになって響いてきました。とらこ先生の生涯、悲しかったこと、苦しかったこと、お母さんに対して抱いた思い、すべてを包み隠さず、読む人全員に向かって無条件に開いてくれたことで、それを読んでいる自分のハートがごく自然に開いていくのを感じました。イソップ物語の、太陽に照らされて自然にコートを脱いだ旅人のようでした。この2冊の本にはあたたかさとぬくもりがありました。それは厳しく辛い時期を過ごし、それに向かい通したた人にしかだせないぬくもりだと思いました。一般の方の沢山のケースも胸を打ちました。人というものの存在を、改めて愛おしく感じることのできた書籍でした。


      [No.16] とらこ先生やクライアントさんたちが、それぞれ自分の中のインナーチャイルドを発見していった様子に私自身も同じ気持ちになり、いろんなことを思い出して、胸の締め付けられる感じを思い出したり、涙が出たり、自分の中に残っているものが溶けていくような感じがしました。 投稿者:N   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:22:04  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】
    とらこ先生やクライアントさんたちが、それぞれ自分の中のインナーチャイルドを発見していった様子に私自身も同じ気持ちになり、いろんなことを思い出して、胸の締め付けられる感じを思い出したり、涙が出たり、自分の中に残っているものが溶けていくような感じがしました。自分と向き合って、もう一度人生を振り返り私の人生で何が起こったのか、この社会の中で自分の体にどういう抑圧をしてきたかを、見ていくスタート地点に立たせることを後押ししてくれたように思います。

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】
    「愛じゃ」を読み終えた時、どこかあたたかい気持ちになりました。人を愛したいと強く思いながらどこかで、、、ためだ、受け入れられない、傷つくのは嫌だ。私を受け入れてくれるのは、この空だけ、この木だけ。本当の安らぎは自然にしかない。急がなければ、また忙しくしていなければ私はダメだという気持ちをぬぐい切れなかった私に、それでも大丈夫、今からでも出来ると言ってくれたような、このままで苦しむ道だけではないよと勇気と安心感を与えてくれました。


      [No.15] 誰もが抱える人生の最重要課題のひとつ「インナーチャイルド」「愛」について、ホメオパシーを通じてどのようにアプローチしていくのかが、とても分かり易く記されていました。 投稿者:T   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:18:59  

    誰もが抱える人生の最重要課題のひとつ「インナーチャイルド」「愛」について、ホメオパシーを通じてどのようにアプローチしていくのかが、とても分かり易く記されていました。
    読みやすいけれど、とても深い。この2冊が、一人でも多くの人にとって、自分の内面を見つめ内なる子供を癒し、真に自分や周囲を愛していくきっかけになればと思いました。


      [No.14] 今ここに過去のこだわりの一つ一つに感謝の思いを持ち、そのこだわりを愛に変換する生き方をして、レメディーをとり無条件の愛を放射する回路に接続したいと思います。 投稿者:   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:17:14  

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】

    愛の言葉を間違ってとらえていたことに深く気づかされました。愛とは見返りを求めない無条件の愛ということ、ただただ愛を放射する存在にならなければ我欲の愛に終わるということを知り、我が身を振り返り間違って放射していた事を恥ずかしく思いました。
    今ここに過去のこだわりの一つ一つに感謝の思いを持ち、そのこだわりを愛に変換する生き方をして、レメディーをとり無条件の愛を放射する回路に接続したいと思います。


      [No.13] 寅子先生の体験談、その苦難をどのように受け止め乗り越えてきたのか、知識だけでなく智恵が込められていると感じました。 投稿者:   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:15:09  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】

    今回インナーチャイルドの本を購入し読ませていただきました。この本は内容がとても深く、専門書レベルの勉強ができるにも関わらず、読みやすくまとめられていて初心者の方も理解しやすくなっていると思いました。
    そして何より寅子先生の体験談、その苦難をどのように受け止め乗り越えてきたのか、知識だけでなく智恵が込められていると感じました。インナーチャイルドは誰もが持っているが、その存在に気づかずに苦しむ人。インナーチャイルドを勉強して認識しているが、癒し解決していく方法論を持たない人。それら人たちに、この本とホメオパシーが大きな癒しになっていくと思いました。周りの言葉にとらわれる・価値基準というレンズ・他者批判は自己批判と同じ本当によく考えさせられます。
    怒った時は深呼吸・感情が乱れた時がチャンス、これは常に実行していきたいです。今後の自分の成長・インナーチャイルドの気づきと癒しに役立てていきます。また同じように苦しんでいる方々にこの書籍をお勧めしていきたいです。


      [No.12] 筆者であるホメオパスのベテラン由井氏の経験が随所にちりばめられ、ぐいぐいと引き寄せられる書物である。 投稿者:   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:10:19  

    【インナーチャイルドが叫んでる!】

    インナーチャイルド(内なる)を無意識から引き揚げ、その人の苦しみの源泉となっている昔の事件に目を向かせて、気付きを与え、さらにその原体験を呼び起こしたときに湧き上がる恐怖などの感情を見守り、適切なアドバイスによりインナーチャイルドの成長を助け、その人の人格の一部として受容し、見守り、支える。そんなワークをする上でのホメオパスの仕事の役割と重要性、それに必要なホメオパスとしての資質、道具としてのホメオパシーの素晴らしさなどを筆者であるホメオパスのベテラン由井氏の経験が随所にちりばめられ、ぐいぐいと引き寄せられる書物である。
    とくに悩んでいるクライアントを理解し、アドバイスを与え、導く力量はやはり長年の経験が必要であること、他人を思いやる人間としての力が重要であることを痛感したのである。


      [No.11] 悲しい気持ちを呼び起こすこともあるかと思いますが一条の光を見出し、生きる意味喜びを必ず感じてくれると思います。私には年頃の息子と娘がいますが、彼らにそれぞれ今年はバレンタインデーのプレゼントとしてこの2冊の本を送ろうと思います。 投稿者:Y   投稿日:2009/01/31(Sat) 16:06:34  

    とても難しく深い内容が飾りのない解りやすい言葉で書かれてあり、素直に心にしみ込みじんわりと響いてくるようでした。過去の自分を思い返しながら読み進むことで、改めて自分のインナーチャイルドに気付かされました。私はホメオパスとして活動していますが、相談会においても、多くの人が愛を求め苦しんでいます。繰り返し話の中で触れてはいるものの、やはり静かに自分と正面から向き合い認めていくことが必要と痛感しています。こうして、いつでも取り出して読める本になったことは、その時々で読み返し癒していけるツールとして誠に座右の書として大切にしていきたい本だと思います。思春期の少年少女からお年を召した方まで、人生の様々な場面で行き当たったとき、自分を振り返るとき是非手に取ってほしいと思います。読むたびにまた、自分の中で起こる変化があるのではないかと思います。悲しい気持ちを呼び起こすこともあるかと思いますが一条の光を見出し、生きる意味喜びを必ず感じてくれると思います。丁度、町はバレンタインデー商戦で賑わっていますが、今年は是非この本をプレゼントし本当の愛を見つめなおしてほしいものです。私には年頃の息子と娘がいますが、彼らにそれぞれ今年はバレンタインデーのプレゼントとしてこの2冊の本を送ろうと思います。一人でも多くの人がこの本を読み、そしてホメオパシーにより本来の素直な健やかな心と体を手に入れて誰もが自分を生きていけるようになってほしいと心から願います。


      [No.10] 愛というテーマから甘くあいまいな精神世界的な内容を連想しがちですが、この本は違いました。この本は「今を生きる」全ての人にぜひとも読んでいただきたい内容で、愛を感じれない現代人のバイブルとなるものだと思います。 投稿者:M   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:53:23  

    【愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!】

    愛というテーマから甘くあいまいな精神世界的な内容を連想しがちですが、この本は違いました。地に足の着いた現実的で具体的な内容で書き進められ、ただ単に人を愛し愛されたいという次元の話からさらに高次の人類全てを愛するということにまで話が及び驚きと感激の連続でした。
    またそのためには自分自身を許し愛することが必要だという一番身近で奥深いところに答えがあるのだということに気付かされました。
    この本は「今を生きる」全ての人にぜひとも読んでいただきたい内容で、愛を感じれない現代人のバイブルとなるものだと思います。


      [No.9] 最近は目の前にあることばかりにとらわれがちでしたが、ふと立ち止まって考えることの大切さを再認識しました。 投稿者:H   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:42:51  

    最近は目の前にあることばかりにとらわれがちでしたが、ふと立ち止まって考えることの大切さを再認識しました。また、一般論のみでなく具体的な手法にも言及しており、ホメオパシーの活用についてまで解説があり、さっそくやってみようと思います。


      [No.8] この書籍を読んで、「早く、自分のインナーチャイルドを克服し、魂を成熟させなければ。」と思いました。 投稿者:TA   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:41:25  

    「インナーチャイルドが叫んでる!」
    自分以外に自分自身を救える人はいない、インナーチャイルドに気づくことが第一歩、価値基準によって抑圧される感情や行動、、、など等、キーワードが目次につらなり、それだけでも多くの学びがあります。ホメオパシーレメディー、フラワーエッセンスの解説が付き、今までにないオリジナリティ溢れる本だと思います。私自身、インナーチャイルドのケアをしておらず、気づくと、いつも同じテーマの中で苦しんでいる時があります。
    この書籍を読んで、「早く、自分のインナーチャイルドを克服し、魂を成熟させなければ。」と思いました。

    「愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!」
    多くの厳しさを克服された後のとらこ先生の言葉と思うので、真実の重みが強く感じられました。シンプルだけれど深い。私達が忘れてしまっている大切な事を思い出させてくれる一冊だと思います。


      [No.7] 最近、ホメオパスにかかり、処方されたのが「エメラルド」でした。私の全部をカバーするレメディーだと言われましたので「エメラルド」のレメディーのことが知りたくてこの本を手にしました。 投稿者:LY   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:37:25  

    「愛じゃ!人生をかけて人を愛するのじゃ!」
    最近、ホメオパスにかかり、処方されたのが「エメラルド」でした。私の全部をカバーするレメディーだと言われましたので「エメラルド」のレメディーのことが知りたくてこの本を手にしました。レメディーのことが知りたくて読んだのにも関わらず、様々な部分で共感してすっかり読み込んでしまいました。最近、日本だけでなくイギリスでも親の虐待により、幼い子供が命を落とす事件が多発しています。多くの人が「無条件の愛」を知らずに育っているのだと思います。こういう時代に、最も必要なのがこの本のタイトルの言葉「人生をかけて人を愛するのじゃ」だと思いました。この本は、まさに現代人の必読書ではないでしょうか。


      [No.6] 本来の自分の目的を生きる事が自分自身のバイタルフォースを最大限に高める事につながり、マインド・スピリット・ボディーの三位一体の本当に意味での健康になる事ができる。 投稿者:M   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:34:53  

    『インナーチャイルドが叫んでる!』

    この本を自分の今までを振り返りながら読んでみた。特に自分自身の価値基準というレンズが自分の今の人生を作っている事を実感した。
    それぞれの個人が価値基準を持っている。同じものを見てもその個人の価値基準によって全く違うものに見える。ポイントはその価値基準が本当にその人のものなのか、という事である。自分も含めて大多数の人が子供の頃の親の擦り込みなどで自分の価値基準が形成される。その価値基準とは「学歴」「車」「家」「お金」などで、自分の持ってるものと他人の持っているものを比較して優越感を感じるか。自己卑下をするか。そのような他人と相対的な比較するような類のものである。
    そして自己卑下をするようになると他者批判をするようになる。他者批判ばかりすると感謝の気持ちはなくなる。いつも欲求不満な状態になり、今自分の持っているものに感謝する事はなく、ほしいものばかりに思考の焦点が向く事になる。そして過去を思い出して誰かを責めるという行為を行う。そのマイナスのサイクルを回す事が病気につながるようにこの本を読んで感じた。
    故に本来の自分の価値基準に戻すためにこのインナーチャイルドの問題はさけて通る事はできない。何故なら、この潜在意識化に潜んでいるインナーチャイルドが今の自分の価値基準(レンズ)になっているからだ。このインナーチャイルドを癒す事、潜在意識下にゴミのように投げ捨てた感情を浮上させ、その感情を完結させる事、その作業を行う事により本来の自分の人生の目的が明確になってくる。
    その作業の具体的な方法は本書の中で提示されている。自分の感情をおもいっきり出せる場所で静かな心で今の自分と小さいころの自分と対話をすると言うこのアプローチはとても有効に思える。または感情の乱れを日記に書くと言う事もとても重要である。この作業を通じて自分の感情のパターンを客観視できる。それが本来の自分の人生の目的を見つける方法論である。
    本来の自分の目的を生きる事が自分自身のバイタルフォースを最大限に高める事につながり、マインド・スピリット・ボディーの三位一体の本当に意味での健康になる事ができる。
    本書は読者にエネルギーを与える本であり、その具体策もわかりやすく書かれている。多くの方に読んでほしいと感じた。「自信とは自分と言う存在が愛される価値があると信じる事」この言葉の意味は深く胸に響いた。


      [No.5] 人生とはなんと辛いものか。そう、ずっと思っていました。今の世の中、きっと同じように考える人が多いと思います。苦しみ、悲しみ、怒り、いろんなものが解決したとき、初めて自分の人生がスタートするのではないかと思いました。 投稿者:N   投稿日:2009/01/31(Sat) 15:29:08  

    『インナーチャイルドが叫んでる!』
    人生とはなんと辛いものか。そう、ずっと思っていました。今の世の中、きっと同じように考える人が多いと思います。苦しみ、悲しみ、怒り、いろんなものが解決したとき、初めて自分の人生がスタートするのではないかと思いました。ホメオパシーに出会ってよかった。どんどんレメディーをとって、本当の私に出会いたいなと思いました。

    『愛じゃ!』
    自分のことを好きになれない。人ってやっぱり嫌い。今までそんな人生をこれまで歩んできましたが、そうか、私は愛を知らなかったから、そう思っていたんだね!と気づきました。自分を好きになって、これからの人生を豊かなものにしたいと、そう思いました。


    | 1 | 2 | 3 | 4 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 削除キー

    - Web Forum Antispam Version -